2012年08月15日

日本代表宮市亮、プレミアリーグのウィガンに期限付き移籍

日本代表FW宮市亮(アーセナル所属)が今季、プレミアリーグのウィガンに期限付き移籍することが決まりました。
プレミアリーグ開幕の18日を前に、宮市の将来性と潜在能力を高く評価するアーセナルのベンゲル監督が、より多くの実戦経験を積ませるために決断。
2011-2012シーズン後半にプレーしたボルトンに続き、活躍が期待されます。

 ここ数日、英国内でも宮市を巡る報道が出ており、ベンゲル監督は「行き先はプレミアのクラブに限る」などと説明していましたが、ようやく移籍先が決定。

 宮市は昨季、契約を結んでから初めてアーセナルでシーズンをスタートさせたが、公式戦出場はリーグ杯2試合のみで1月末にボルトンに移籍。ここで実戦経験を積みザックジャパンに初招集された経緯があります。

彼はまだ19才という若さで、これからハイレベルなプレミアリーグで、実戦を積むことが枯れ本人の大きな成長につながるので、この移籍は大歓迎ですね。
というのも攻撃陣の大型補強をしたアーセナルでは出場の機会はかなり厳しいようですから・・・。

彼の魅力はなんといってのそのスピードです。ボールを持ってからのスピードは、持っていないときと比べ、スピードが落ちる選手もいる中、彼の突破力は目を見張るものがありますね。
移籍先のウィガンでも歓迎のコメントがあったそうで、彼の加入により攻撃力がアップすることが期待されています。

香川選手と宮市選手の二人にはプレミアでの存在感を見せてほしいですね。

新しいスポーツの楽しみ方がウィリアムヒルに!こちらから!
posted by GOLLA at 09:51| Comment(0) | soccer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。