2013年01月08日

長友選手、インテルとの契約延長

イタリアセリエAインテルに所属する長友佑都選手が、2016年6月まで契約を延長することで合意したと、クラブの公式サイトが発表しました。

長友選手はJリーグFC東京からW杯2010南アフリカ大会での活躍により、2010年7月にイタリアセリエAチェゼーナへ移籍。
翌2011年1月同リーグのインテルへレンタル移籍。
そこでの活躍が認められ、同年7月に完全移籍し、出場機会を得るや、縦横無尽の働きで、チーム内での評価を確実のものとしていきました。

2012-13リーグは前半戦18試合中16試合に出場。主に左サイドバックで使われていますが、サイドハーフで攻撃的なプレーもこなし、ストラマッチョーニ監督からの信頼も厚く、チームで「一番成長した選手」と称賛されるなど、高い評価を得ています。

ご存じのように、彼の目標は「世界一のサイドバック」を掲げているので、まだまだこの評価に満足することなく、高みを目指してがんばってくれることでしょう。


posted by GOLLA at 09:58| Comment(0) | soccer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。