2013年02月15日

インテル長友選手、欧州ビッククラブが獲得に興味

イタリアセリエAインテルに所属する長友佑都選手の評価がさらに高まり、ビッククラブが獲得に興味を示しています。

以下スポニチアネックスからの記事です。


インテル・ミラノDF長友佑都の移籍報道が、ビッグクラブによる争奪戦の様相を呈してきた。
 7日付の英紙デーリー・エクスプレス(電子版)は「長友獲得で、マンチェスターUはRマドリードのライバルになる」と両名門が日本代表の左サイドバックに興味を示していると報道。これまでイタリア、ドイツのメディアも同様の報道をしており、イタリアでは新たにマンチェスターCの名前も挙がっている。
【2013年2月9日記事より 】

これはイギリスの新聞記事によるものですが、その興味を示しているのは昨年12月に噂となったプレミアリーグ「マンチェスターユナイテッド」。さらに1月にはC・ロナウドのいるスペイン「レアルマドリード」も興味を示しているとの報道がありました。

欧州市場において、元々サイドバックの人材が不足しているという実情からその対象となっているようです。
それに加えて長友自身のスキルアップが大きく評価を上げているようです。
特に攻撃参加でのクロスの精度やカットインしてから、自ら放つシュートなど、攻撃性に優れたSBは欧州の名門クラブが欲しがる要因となっています。
もともとハードワーク、スピードなど、評価されていましたが、インテルでの成長したプレーがその評価を高めているのも事実のようですね。

インテルとは2016年まで契約延長の契約を交わしているので、移籍金は跳ね上がってくると思われますが、世界の強豪クラブでさらに活躍する姿も見てみたいですね。


posted by GOLLA at 22:27| Comment(0) | 日本人プレーヤーを紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

プレミアリーグ今週の対戦予想

各国リーグも折り返しに入り、白熱を増してきました。
今週の対戦予想をしてみたいと思います。

香川真司選手、吉田麻也選手、李忠成選手、宮市亮選手がプレイするプレミアリーグです。
プレミアリーグ
週の間に国際試合がありましたが、週末にはプレミアリーグが帰ってきます。
しばらく引き分けが続いていたトットナムは前節ウエストブロムをアウェーで破り、今週末は連勝を狙います。ホームに迎え撃つのは相性のよいニューカッスルです。
エースベイルのゴールを期待したいところですね。
一方のニューカッスルも前節チェルシーを破った勢いで3連勝を狙っています。ニューカッスルはトットナムの本拠地ホワイトハートレーンで3連敗中と調子を落としていますが、ここらで連敗脱出を狙いたいところです。シセに奮起してもらい勝利へ導いて欲しいですね。
ベニテス監督の下で本調子とはいえないチェルシーですが、もう連敗は許されません。
今週はウィガンが相手です。勝てる要素の高い試合は取りこぼしの無いようにしたいものですね。
プレミアリーグ創設以来ウィガンには一回しか負けていないという相性のよさ。
順当に行けばチェルシー勝利が予想です。
それを覆すとすれば、現ウィガン、元チェルシーのフランコ・ディ・サントスのゴールがチェルシーを脅かすかもしれませんね。

スワンシーとQPRの下位対決。
ここ5試合で1つしか勝利のないスワンシーですが、前回の対戦で5−0と一蹴した相手の試合に
復調のきっかけをつかみたいところです。
ミチューのゴールも期待したいですね。

サンダーランド対アーセナル、
前回の対戦ではアウェーに乗り込んだサンダーランドが健闘して0−0の引き分けに持ち込みましたが、今回は予断が許しません。
過去3試合で7ポイントを取っている好調アーセナル相手に凌げるでしょうか?
サンダーランドは今回も引き分け狙いでくる可能性が高いでしょうね。

ストーク本拠地はアウェーチームにとって辛い場所ですが、過去4試合で3勝と勢いに乗って
降格圏を脱出したレディングは勝てるでしょうか?「今月の監督賞」を受賞したレディング・マクダーモット監督の指揮に注目です。

前節は終了ギリギリに同点弾を許した吉田のサウサンプトンですが、今節は前季チャンピオンのマンチェスターシティとホームで対戦します。
今回も苦戦が予想されますが、吉田の体を張ったディフェンスで無失点に抑えて欲しいところです。
前節はリバプールと引き分けたマンチェスターシティですが、これ以上委敗戦は増やせないので、優勝争いのためにも勝ち点を獲りに全力で来るでしょう。
アグエロのゴールに期待したいところです。

翌日曜日にマンチェスターユナイテッドがホームでエバートンを迎え撃ちます。
先日の日本代表vsラトビア戦の動きからすると、香川選手のゴールが見られるかもしれません。
いや、ぜひとも今季2点目をこじ開けて欲しいですね。日本のファンの切なる願いです。

posted by GOLLA at 09:49| Comment(0) | 日本人プレーヤーを紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

日本 VS スペイン 1−0の金星

ロンドンオリンピック男子サッカーのグループリーグがスタート。
日本対スペインの一戦が26日深夜、グラスゴーで行われました。

結果は1−0で日本の勝利!。
優勝候補ナンバーワンにあげられていたスペインを撃破。
番狂わせを演じてくれました。
試合前のブックメーカーのオッズではスペイン1.36に対し日本は7.0と約5倍の開きです。
日本が勝つ確立は16%です。
その予想を見事に翻し、大津が決勝ゴールを決めてくれました。

ただ、前半、スペインがレッドカードで退場となり、1人少ない展開で、追加点が奪えなかったのが課題として残りました。
逆にスペインは一人少ないと感じさせないボールポゼッションで果敢に日本エンドへ攻め込んでいました。
パスワークのスピード、ボールコントロール、スペースへの素早い動き出しは目を見張るものがあり、やはり、世界のトップチームだけのことはあります。
一瞬どちらが少ないのか感じさせないスペインの攻撃でした。

この勝利を「グラスゴーの歓喜」を記事に載せたものもありましたが、日本の組織的な守備が光った得られるべきした勝利でした。大いに評価できるないようだったと思います。

この勝ち点3のアドバンテージは大きく、残り2試合がとても戦いやすくなりました。
ぜひ予選リーグを勝ち抜いて、決勝トーナメントへ進出して欲しいものです。

世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!
posted by GOLLA at 18:56| Comment(0) | 日本人プレーヤーを紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。