2012年07月23日

全英オープンゴルフ アーニー・エルスが優勝

 男子ゴルフの今季メジャー第3戦、全英オープンは7月22日(日)、イングランド リザムセントアンズのロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(7086ヤード=パー70)で最終ラウンド(R)があり、5位スタートのアーニー・エルス(南ア)が68で回り、通算7アンダーで逆転優勝。2002年の全英オープン以来、メジャー4勝目を挙げた。米ツアー通算19勝目。

 首位スタートのアダム・スコット(豪)はスコアを五つ落とし、通算6アンダーの2位でメジャー初優勝を逃した。4年ぶりのメジャー制覇を狙ったタイガー・ウッズ(米)は、首位と4打差の通算3アンダーの3位に終わった。

 日本勢で決勝Rに進んだ海外メジャー初挑戦の藤本佳則は、1バーディー、4ボギーの73で回り、通算7オーバーの54位、武藤俊憲は通算11オーバーの72位だった。
【朝日新聞デジタルより引用】


期待の石川遼は残念ながら予選通過できませんでした。

やはり、伝統の全英オープンはかんたんに上位入賞できる大会ではないようです。予選通過した日本人プレーヤーの最高位が藤本佳則選手の54位と今の日本のレベルを物語っているような成績でした。
ゴルフの持つ自然さを活かしたコースが全英オープンの特徴ですが、刈り取ってない深いラフ、傾斜のあるバンカーなど、プロのプレーヤーでも一歩間違えばトリプルボギーになるなど、日本のプロツアーコースでは考えられないものになっています。

やはり、よりメンタルの強い精神力が必要ですね。
石川両選手も今回を大きな試練となったようです。この経験を基にさらに技術を磨いて欲しいものですね。
今後の日本人選手の活躍に期待していきましょう。
posted by GOLLA at 09:38| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。